2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十二年ぶりですか。。。

待ちくたびれて半ばあきらめていた新刊。
何はともあれ、出てくれてよかった。

なんだか、十二国記にはまった頃のこと、
一つ一つ買いそろえた頃のこと
十二年前のこと
いろいろ思い出したりもしました。。。

今回の短編の主人公は、国政に直接は関わらない人々の物語。
最初、ちょっと残念と思いました。
本筋が気になったので。
でも、読者としては、読み応えがありました。

特に、青条の蘭は、ご都合主義かもしれないけれど、それでも人々の思いのリレーが感動してじんわりしました。

十二国記、それぞれの謎が解決するまだ書いていただけるのでしょうか。
それとも、本来歴史には終わりがなく、誰もが自分の生きている間の歴史しか知りえないのだから、このシリーズも完結することがないのでしょうか…
一応、今回のシリーズ名「完全版」でしたっけ?

えっと気になる謎は…
戴国の動乱
柳国の王の真意、状態
芳麒の行方
瞬の内情
こんなところかな???


スポンサーサイト

1ヵ月に1度の日記になってきました…あっ1ヵ月に1度だと日記とは言わないのかな


八重の桜。。。興味深いのですが、つらい。

歳のせいか、最近テレビに見応えよりも娯楽を求めるようになってきました。

多分、戊辰戦争で大変なことになって、そこから立ち上がっていく八重、そして会津の人たちを描こうというのだと思いますが…
その回まで待ち遠しいです。

そう言えば、新撰組!も好きだったのですが、途中から悲しくて見られなくなってしまいました。
最終回だけは観たのですが。

戊辰戦争って、今まで敗者側からそんなに描かれなかったですよね。
いろいろイメージ変わった方いるんじゃないかな~って一般の人は観てない???

戦国時代は一足早くイメチェンしましたね…三成や光秀も半世紀前とは評価が違うんじゃないでしょうか。
長宗我部さんたちの知名度も全然違いますね



今、はまっているドラマはTAKE FIVEです。
始まった時は、珍しいけど懐かしい、べただけどお洒落な大人のエンターテイメントと思ったのですが…
萌え路線???いい意味で萌えツボ多すぎ。

でも、そのテンポで見過ごしがちですが、こういうのって役者さんに演技力と存在感がないとボケボケで、面白くないと思います。そういう意味では、ホント、素敵な面々が揃っていますね~。
唐沢さんと吾郎さんは言うまでもなく、もう安定、さすが。
桃季君、こういう演技もいけるのかと少々驚きました。これからが楽しみ。
松雪さん、六角さんやでんでんさん、倍賞さん…やっぱり、いい役者さん揃ってます、押さえるとこはきちっと押さえてますね~って思います。
観ている時はそう思わないけど(*´艸`) ただひたすら笑いと萌え。


私は、昨年引っ越しして、道路沿いに住んでいます。
その道路わきに桜の木が、並木というほどではないんですが、
間隔あけて、何本か植えられています。
今、4階に住んでいますが、ベランダから見ると、下に見えるのです。

今、ようやく7、8分咲きくらい
写真撮りたいと思いますが…
実は気持ちの余裕が全くありません。
せっかく上から花を見るという面白いロケーションにいるので、
もう少し余裕持って楽しみたいと思います。

しかし…3階の人は目の前に桜があるんだ…

すごいのか、春以外は大変なのか…どうなんでしょう?


ところで、桜だけ見ると、ようやく…って感じですが、
私の頭の中では、もう4月?
しかも、半ば???
と、年々、時間に対してのおいてけぼり感が強まっております。


いろいろありますが、一瞬一瞬を大切に、楽しみたいものです。


震災で亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

失われた日常
心や体の傷
少しでも早く「回復」しますように。。。


2年前
何をしてよいかわからなかった中、焦燥感だけがありました。
ボランティアに参加しても、
私のできること(地元で)は、少なくて
求められていることは、私の手に余ることでした。


人の力はあまりにもわずか、微力でしかない。
でも、カタチのない想いさえ、何かを動かすことがある。
ゼロに何をかけてもゼロだけど
「わずか」に日本人口をかければ、大きなものになる。



でも

NHK明日へコンサートで猪苗代湖ズの人が勝った地元の人の声の一つに
「今が一番つらい」
というのがありました。
切ないです。


忘れないこと。




昨日の内にアップしたかったのですが、最近昼夜逆転になってしまいました。
受験シーズンも終わるし、気合い入れて、直さないと。
検査結果が、だいぶ悪く…しょぼ~ん
近況報告でした。

あけましておめでとうございます

面白く、楽しく、時には懸命に
輝ける一年でありますように


私は…個人的には、今まで経験したことのないような新年の迎え方をしてしまいました。
それでも、無事に年は明けるものなのですね~
それでも、やっぱり、今年の暮れには、昨年末のような年の迎え方しないようにしたいと思います。

まっ、いつも笑って、時に懸命

ぼちぼち



かさなん

Author:かさなん
この日記では、主に「旅・ドライブ、その他お出かけ」「ドラマ・映画の感想」「歴史(特に飛鳥時代関連)」を書く予定でした。なんだか方向が変ってしまった気がしますが…宜しくお願いします

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。