2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワースポットブームで、日曜祝日は渋滞で悲しい状態の戸隠。
でも、人が来るようになったおかげか何なのか、戸隠神社では宝物館が完成。

宝物館には、以前(http://kasanan.blog56.fc2.com/blog-entry-167.html)にも書いた、通天(目)牙笏があります。
あの正倉院と戸隠、2本しか現存してない牙笏です。
それが、今までは、7年に一度の式年大祭の時にしかお目にかかれませんでしたが、宝物館のおかげで、いつでも見られるようになりました(^O^)
ただ、宝物館そのものに期待してはいけません。
式年大祭の、宝物展示の印象が大きかった私は、思わず「えっ、これで終わり?」と思ってしまいました。
神社の歴史に対して、余りにも小規模です。
宝物館の拝観料は一般300円です。これを高いと思うかどうかはあなた次第。。。なんてどこかのTV番組は置いておいて、この機会に通天牙笏をぜひ!

。。。と書いて。
見たとき、ちょこっと、衝撃的なことがありました。

この通天牙笏については、地元古代史ファンにはそれなりに有名でしたが、いつも天武天皇遷都説と絡めて伝えられていました。
遷都というよりは副都でなかったかと言われていますが、書記にも記載があるせいか、戸隠、鬼無里には伝説があり、由来した史跡もいくつかあります。
その後、橿考研の菅谷先生が納めた人は「聖武天皇」説を展開して下さいました。これは地元のくだけた(笑)テレビ番組でも特集してくれました。

ところが、今回の説明書きには書記の持統5年の記述を引き合いに「この水内社は戸隠神社と思われる」とし、持統天皇が納めた説をとっています。
この説は、初耳です。
やはり、眉唾ものの遷都説を取るより、書記の記述の方が権威あると思ったのでしょうか?
天武天皇より、持統天皇の方がウケがいいから…ってことはないですよね(爆)

本当のところ、誰が、戸隠神社に、通天牙笏を収めたのでしょう。

ところで水内社については、以前、mixiでつぶやきましたが、その後何も書けなくて心にひかかっています。
あの時書いた、水内社候補は湯福神社というところで、善光寺の西側にあります。
そこに、本当かどうかはわかりませんが、善光廟があります。
よもや善光廟がこんなひっそりとあるとは知らず…初めて見た時はびっくり。
ちなみに本田善光は金刺氏で、秦氏と関係のある人だったという説(?)もあります。

その説では、善光寺は、物部氏の魂を鎮めるためのお寺ということになります。
「善光寺の謎」という本です。余談ですが、前回のご開帳の折、東京の書店ではすごい量が平積み…に飽き足らず、店の外側に向けたウインドウに並べてありました。
内容を知っている私は、「ご開帳関連の本と言っても、なにもこれを並べなくても…もっと一般受けするものがあるでしょう?」とかなり引きました。
考えると、少し怪しげな本で、しかも文庫サイズというのは売れるのかもしれませんね。内容は、一般より少し古代史ファン向けのような気がします。しかし、本当の古代史ファンには眉唾にしか思えないかもしれません(苦笑)
スポンサーサイト

「5月10日」の写真をアップするか、
「15日」の続き(17日に書いた記事の続き…ややこしいですね、すみません)をアップするか
迷いましたが、15日の続きの方を♪

2009_0515_173801-F1000083.jpg








今回も長いので、追記の方にしました。
おつきあいくださる方は、ぽちっと押してくださいませ


▼続きを読む▼

10日の写真をアップしてもいないのに、15日に行ってきました戸隠。
お目当ては戸隠神社、宝物拝観、「通天牙笏」ですv
式年大祭は20日まで、先に還御の儀が17日(今日)と考えると焦っておりました。
この機会に見そびれると、また6年待たないといけませんものね(^O^)
2009_0516_223327-F1000097.jpg









さて、かなり長くなってしまったので、久々に追記の方に書きました。
読んでくださる方は[more]をぽちっと。
携帯の方は長いですが、頑張ってお付き合いくださいvv

▼続きを読む▼

先日の、善光寺関連の記事に拍手して下さった方、
どうも、ありがとうございました。 m(_ _)m
心よりの感謝を。。。


さて、今日のことですが…

戸隠に行ってきました~~~~~vv

「通天牙笏」を見に行ったかと言うと、そうではありません(<おいっ)
ただ、ひたすら、戸隠の自然に浸りに♪ 

戸隠好きです。善光寺と同じくらい好きです。
山好きです。でも、戸隠エリアは特別です。

1週間前、肺の病気が再発して、実は、昨日も痛くて、
悩みましたが、行ってよかったです。本当に、よかった!!
肺のことは、さておき(ふつうは、安静にすべきだから)、
今までにも、体調悪くても、山に入ると元気になることがありました。
これは、私だけかと思ったら、他の人にも大きく賛同いただいて
きっと、マイナスイオンか、山の自然か、そういう力が満ち満ちているのだと思います。
そういえば、山は昔、信仰の対象でしたものね。(戸隠なんかは、モロそう)
昔の人も、何かを感じていたのでしょうか。
今日は、体調のことだけでなく、
「式年大祭」のメインイベントの一つがあって混むだろうから、
軽~く無理ない程度に。。。と友人と話していたはずでしたが、
なんだかんだと、思いっきり楽しんでしまいした。
運が、むちゃくちゃよくて、私に加勢してくれました♪
さらっと書きますと

まずは中社の駐車場ゲットォ~が、本当は予定していた駐車場ではなかった。
そのため、早い時間に蕎麦屋へいくはめに、これが日程的にとてもよかった♪
そして、新たに入った、そのお蕎麦屋さんが、大当たりvv
しかも、季節限定の山菜天ぷらは、この時期の山の幸が勢ぞろい♪
そしてカタクリの群生地は予想通り紫の絨毯。。。と思ったら、
昨年、一分咲きだったオオヤマザクラも今年は満開♪
(肺の調子があまりにいいので)花咲くさかさ川コースも堪能!
疲れた体を、美味しいルバーブのケーキと、ブレンドハーブティで
残雪残る山を見ながら癒していたら(もちろん屋外)
オオヤマザクラの大木情報をゲット。
バス時間(1時間に1本)に追い立てられつつも、
素晴らしく幻想的な、古木(オオヤマザクラでこんな大木は初めて)を
友人と二人で独占状態♪ 
わずかな時間ながら…わずかな時間だけに、本当に心に焼きついた。
歩いて帰る体力がなく(笑)、バスに乗って中社に戻れば、
人ごみ嫌いで、パスしたイベント(柱松神事)の真っ最中。
写真撮影には適さないものの、上から祭りが見られるポイントゲットv
これが、最高にいい位置だったことが、祭りの進行とともに判明♪
そして、中心の神事が終わるや否や、他のイベントは見ずに
(神社にお参りはして)駐車場に直行したため
渋滞知らずで、無事下山。予定の駐車場だったら、どうなっていたことか。
そして、体は、筋肉疲労があるものの、肺の自覚症状はまるでない。
山に行く前よりずっといい、好調そのもの♪

ちなみに、今日行った、お蕎麦屋さんは、越水ヶ原方面の極楽坊さんですv

ただ、唯一残念、そして不審に思い、不安になったことが
リュウキンカをはじめ、湿地の花が昨年に比べとても少なかったこと。
雪が少なかったせい? 温暖化の影響?
それを考えると、とても怖い、せつない。
来年は黄色い花の川が復活していますように。
天国のような花畑が、また見られますように。

あっ!!もう一つ思い出した。こちらは、不快、怒り!
カタクリの花の盗掘現場に行き当たりました。
私たちの気配を察して、車の陰に逃げてしまった。
ううっ  残された穴ぼこを見てどれだけせつなかったか。


まあ、そういうこともありましたが、
私個人としては、最高の一日過ごせました。
詳しくは、また写真と共にv

式年大祭は、御開帳より一足早く、20日に終わってしまうので、
それまでには通天牙笏を見に行きたいと思います。

ところで、先日、いろいろ検索しているときに、
思い立って、「善光寺 御開帳」で検索しましたが、当たり前のことながら、
自分のブログにはたどり着きませんでした。
でも、「通天牙尺」と検索したら、一発でした(^O^)
正倉院や正倉院展に挟まれて「軒下ゴジラ…」があるのはちょっと嬉しかったです♪

後日談、「通天牙尺」…今まで誤字に気がつきませんでした。
尺じゃ、長さ計らなくちゃですよね。笏です、笏(^O^)

20080914170536
すっかりくつろいで贅沢な時間を頂きました!
こちら窓から見える風景です。

▼続きを読む▼

かさなん

Author:かさなん
この日記では、主に「旅・ドライブ、その他お出かけ」「ドラマ・映画の感想」「歴史(特に飛鳥時代関連)」を書く予定でした。なんだか方向が変ってしまった気がしますが…宜しくお願いします

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。