2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1ヵ月に1度の日記になってきました…あっ1ヵ月に1度だと日記とは言わないのかな


八重の桜。。。興味深いのですが、つらい。

歳のせいか、最近テレビに見応えよりも娯楽を求めるようになってきました。

多分、戊辰戦争で大変なことになって、そこから立ち上がっていく八重、そして会津の人たちを描こうというのだと思いますが…
その回まで待ち遠しいです。

そう言えば、新撰組!も好きだったのですが、途中から悲しくて見られなくなってしまいました。
最終回だけは観たのですが。

戊辰戦争って、今まで敗者側からそんなに描かれなかったですよね。
いろいろイメージ変わった方いるんじゃないかな~って一般の人は観てない???

戦国時代は一足早くイメチェンしましたね…三成や光秀も半世紀前とは評価が違うんじゃないでしょうか。
長宗我部さんたちの知名度も全然違いますね



今、はまっているドラマはTAKE FIVEです。
始まった時は、珍しいけど懐かしい、べただけどお洒落な大人のエンターテイメントと思ったのですが…
萌え路線???いい意味で萌えツボ多すぎ。

でも、そのテンポで見過ごしがちですが、こういうのって役者さんに演技力と存在感がないとボケボケで、面白くないと思います。そういう意味では、ホント、素敵な面々が揃っていますね~。
唐沢さんと吾郎さんは言うまでもなく、もう安定、さすが。
桃季君、こういう演技もいけるのかと少々驚きました。これからが楽しみ。
松雪さん、六角さんやでんでんさん、倍賞さん…やっぱり、いい役者さん揃ってます、押さえるとこはきちっと押さえてますね~って思います。
観ている時はそう思わないけど(*´艸`) ただひたすら笑いと萌え。


スポンサーサイト

早いもので、すでに6月。

早いもので…というこの書き出しも、何度使ったことでしょう(^_^;)

ところで、映画、「外事警察」が公開になりました。そんなわけで久々にドラマ、映画話でも。

映画化と聞いても、ファンとして嬉しさより、コアなファンは多かったけどハゲタカのような派手な人気はないし、映画化して大丈夫かしらと心配が先立ってしていましたが、話題になっているようで良かったです。

ドラマをリアルタイムに見た時は、
「NHKがこんなドラマ作っていいの?」と思ったり
「逆にNHKだからこそ、ここまでのドラマが作れるのか」と思ったり
ただ、もう、そら恐ろしいような…でも、目が離せなくて…胸がガシガシ揺さぶられたり…
毎回ドキドキ、はらはらして観ていました。

実は、初めて買ったDVDがこのドラマです(*^_^*)

私は昔っから渡部篤郎の演技が地味~に好きですが(ストーカーとかケイゾクとか注目作品より、大河ドラマや恋文などが好きだったりします)役者がだれとか言うことを抜きにしても、このドラマは、とんでもない作品だったと思います。

そう言えば、この作品の後、尾野真千子は朝ドラ、カーネションに抜擢されました。


ただ。。。
映画館で観たいかというと…私は映画にストレス解消を求める方なので…未だに悩んでます。
見応えありすぎて(^_^;)
気軽に見るならMIBの方がそそられるのです♪
でも、この作品コケて欲しくないので、やっぱり見に行こうかな~


皆さんも余裕があったらぜひ。
映画は、ドラマを知らなくても独立した映画として見られる作品になっているそうです。

観た人によると、映画の方が、派手で見栄えがするそうですが、ドラマからのファンにとっては、背景が足りず、住本(主人公)の人間性、葛藤まで掘り下げていない、これをきっかけにぜひドラマにファンが流れて言って欲しいとのことでした。

こんな世界が現実にあるのかと、本当に見応えのあるドラマだったので、映画はもちろんドラマの方も、レンタルなどして観ていただけたらと思います。

今、久しぶりにアクセス解析を見ていたところ
同日に3人の人が「泉澤祐樹」でこちらに来ていることを発見!!
この日に祐希君に何かあったのか?と思いつつ、もっと不思議に思ったのは、祐希君を検索して、私のブログに辿り着く人が結構いること。
ここに辿り着くなんて、余程あちこち回ってからに違いない。暑いファンがついてるのね~♪ よかったね、祐希君v
と喜びつつ、自分も検索したら、一番最初にうちのブログの記事が上がっていた。
何故?どうして?オフィシャルサイトだってあるでしょう???

それは。。。

▼続きを読む▼

先週、仕事前、何気なくテレビをつけたら懐かしい声
渡部さん(渡部篤郎)だ。。。
何、何、何のアンコール放送?!
水野美紀さんもいるってことはもしかして…と思ったら、
やっぱり恋文だった

▼続きを読む▼

今年の日本アカデミー賞は「ALWAYS三丁目の夕日」の独壇場。
(今ごろアカデミー賞かいって(笑)これだからブログ名に「日記」って入れられなかったんだよな…)

私も観た。

ここ数年、映画はチェックすれどもほとんど見れず状態が続いていた。
ある日、思い立って観にいくことに…チャーリーとチョコレート工場を。
上映時間を調べようとネットで検索していたら、ランキングがあった。
週間興行ランキングは、1位は記憶にないけど新しい作品だったと思う。
2位がチャーリー、三丁目の夕日は4以か5位くらいだったと思う。
ところが観た人が「観てよかった」という週間ランキングは2位がチャーリー、
1位が三丁目の夕日だった。
急遽、変更。人も縁。仕事も縁。映画だって、やっぱり縁。

観た感想は、やっぱり 観てよかった

細かく言うとこれが良かった、あれも良かったってあるけどね...
でも理屈つけるより、しみじみした心に広がるものを大事にしたい映画だと思う。

でもって、私も無茶苦茶懐かしく、思い出を呼び起こされた。

昭和33年にじゃないよ(笑)
その時、親も成人してない青春してたね、きっと。
タイトル↑でばればれだね・・・

▼続きを読む▼

かさなん

Author:かさなん
この日記では、主に「旅・ドライブ、その他お出かけ」「ドラマ・映画の感想」「歴史(特に飛鳥時代関連)」を書く予定でした。なんだか方向が変ってしまった気がしますが…宜しくお願いします

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。