2006 / 03
≪ 2006 / 02 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2006 / 04 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついつい、長時間続けてしまいます(汗)
また日付変更線をまたいでしまいました。
(今日の日付でメール送りたい相手がいたので、わざとなんですけどね)

そんなに時間がないのに、つい自分の記事更新した後も、
いきつけのブログを見てまわり、「せめてひと言」とコメントつけてるうちに長居となり、
そこで終了すればいいものの「あっ、履歴見てみよう!」などと思いたつと、
また、来てくださった人のブログを見てまわり…
なんか、酔っ払いのオヤジみたいですね。たどり方が↑(苦笑)

履歴に残してくださった方のアドレスをたどっていくと、いろんな方がブログやっているんだな~と実感。
それぞれの、世界や立場で頑張ってらっしゃる方もいて、とても励みになります。
(…だから現実逃避してないで、頑張れ私!)

ところで、ブログって、ですます調で書くのがいいのかな。
常体で書くのがいいのかな。
どっちでも構わないと思うけど、まだ自分のスタイルがよくわかってないです。
今日なんてちゃんぽん(笑)


…とはいえ、そろそろ、カテゴリも出揃った感があるし、友人にそろそろ知らせようっと♪
でも、4月が忙しくて、いきなり更新が滞りそうな予感(汗)
スポンサーサイト

神代桜と言えば、日本三大桜の一本
山梨の神代桜かもしれませんが、私の一本はこれ

27日(↓)の写真にちょっと写っているのはこれです

20060330222133
携帯写真はいまいちですね
20060330222714
ちょっと雰囲気だけでも伝わるでしょうか?
かなり大きい樹です。枝が広がって視界を埋め尽くします。

長野の神代桜、樹齢1200年。ヒガンザクラの一種。
何がすごいって駐車場がない(笑)
山里のちょっとした宅地の中に紛れてるから、観光バスがこない。
酔っ払った花見客もいない。
うるさい集団も… 来るけど大人しくなる(笑)
やはり1200年はすごいですよ、圧倒されます。
階段上るまで騒いでた人たちも声のトーン落としてくれます
静かに花見を心ゆくまで楽しめます。

そして、とても大切なものをもらうんです。

花はソメイヨシノより小さくはかなげ。
大樹は老齢。生命力のたくましさ、強さは大きさほどに感じられない。
自分を初めに圧倒したものが何かわからぬうちに
温かいものに抱き込まれます。

見頃は4月下旬…とはいえ、
未だにちょうどいい時に当たった事がないんです。
市街地のソメイヨシノから10日もしくは2週間くらい後だと思うのですが。
でも、散り際も見事ですよ。

▼続きを読む▼

20060328003015


大スキなブログのテンプレートが、春で桜に模様替え♪
ちょっぴり似たアングル、昨年携帯で撮っていたので、嬉しくてアップ~!!
でも、考えたらその前もそのその前も、
デジカメや普通のカメラで似たようなアングルで撮ってる私
この桜と空の組合せが好きなんだな~♪
私の住まう信濃国は、まだ桜の季節ではなくて
早咲き種のロトウザクラの蕾がようやくほころんだ感じ
ソメイヨシノはもうちょっと先
この樹は違うけど。この樹は‥・

(パソ開けての更新は数日できませんm(__)m)

▼続きを読む▼

今年の日本アカデミー賞は「ALWAYS三丁目の夕日」の独壇場。
(今ごろアカデミー賞かいって(笑)これだからブログ名に「日記」って入れられなかったんだよな…)

私も観た。

ここ数年、映画はチェックすれどもほとんど見れず状態が続いていた。
ある日、思い立って観にいくことに…チャーリーとチョコレート工場を。
上映時間を調べようとネットで検索していたら、ランキングがあった。
週間興行ランキングは、1位は記憶にないけど新しい作品だったと思う。
2位がチャーリー、三丁目の夕日は4以か5位くらいだったと思う。
ところが観た人が「観てよかった」という週間ランキングは2位がチャーリー、
1位が三丁目の夕日だった。
急遽、変更。人も縁。仕事も縁。映画だって、やっぱり縁。

観た感想は、やっぱり 観てよかった

細かく言うとこれが良かった、あれも良かったってあるけどね...
でも理屈つけるより、しみじみした心に広がるものを大事にしたい映画だと思う。

でもって、私も無茶苦茶懐かしく、思い出を呼び起こされた。

昭和33年にじゃないよ(笑)
その時、親も成人してない青春してたね、きっと。
タイトル↑でばればれだね・・・

▼続きを読む▼

ドラマの感想を書こうかと思ったんだけど…
今日、一通の手紙がきた。

市民大学講座「いま明かされる古代XV」

私は、日本史って高校でもやる機会がなくて、中学レベルでしかなかったのに
人生って不思議。選りによって社会人になってからはまり、しかも地元とは何にも関係なく、全く知名度の低い飛鳥時代にはまるなんて。
(地元は住所を言えばある種(笑)の人たちからは羨ましがられる所です)
でも、はまってみたら、よく行く善光寺は日本に仏教公伝の仏様が祀られていて、聖徳太子や皇極天皇に所縁ある伝承もあり、鬼無里には、天武天皇の遷都伝説に所縁ある場所が点在していて、とってもびっくり。

そして、何より身近に開かれてる唯一の市民大学講座が「古代史」(笑)
何で古代史…思わず聞いてしまったら、主催する側のツテ(人脈)の関係らしい。ありがたやあらがたや♪
一度受講した人が優先されるので、ほとんど募集がかからないけれど、たまたま「Ⅳ」の時に募集があって存在を知り、「もっと早く知りたかった」とどれだけ思ったか…。過去のテーマと講師陣は垂涎ものだった。
二度と聞けないのかと思うと悲しかったけど、逆にいえば、この時、募集記事を見逃せば、これ以降の話も聞けなかったてこと。やっぱりありがたや、ありがたや♪

不定期の土曜日開催だから行ける時と行けない時があるけれど、一括申込。行ける日があれば、とりあえず申し込まなければって感じ…出費痛い(T_T)
でも、普通会えない人に会えるから、考えてみればかなり幸せなことだよなあ。
橿考研の和田萃先生とか、著書が多い直木孝次郎先生とかvv

ここで問題(いったい誰に?…笑)
古代史っていつからいつまででしょう?

▼続きを読む▼

歴史話題にしろ、ドラマ話題にしろ事欠かないこの時期。

明日香のオフシーズンは冬。その間に発掘して3月になると現地説明会のピーク(苦笑)
日帰りできるもんなら行ってるけどね。ホントどこでもドア欲しいやね。

余談;「~なら」と打つと文脈無視して「奈良」と変換するPCの愛らしさ♪
↑の文は「できる問奈良」と変換してくれた

ドラマは最終回と特番が目白押し。
特に無茶苦茶好きってドラマはなかったけれど、感想書き始めたらきっと長いぞ…。

そう長くなる。私って本当に長く書いてしまう。
「今日のひと言」みたいに短くかけない。そりゃいいさ、自分のブログだもの。
でも、3月といえば…年度末。
仕事もピーク(-。-;) 時間の使い方が、我ながら下手。
書きたいことばかり募る。でもって、話題の地層化…古いものは化石となって使えなくなるか、記憶が風化して忘れちゃうんだよね。


かさなん

Author:かさなん
この日記では、主に「旅・ドライブ、その他お出かけ」「ドラマ・映画の感想」「歴史(特に飛鳥時代関連)」を書く予定でした。なんだか方向が変ってしまった気がしますが…宜しくお願いします

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。