2011 / 03
≪ 2011 / 02 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2011 / 04 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日、後方支援のボランティアに参加しました。
救援物資の仕分けと荷造り。思った以上にハードでした(^_^;)
自分の感想は、また後ほどとして…思ったこと。

以前にも書きましたが、何かやりたいという純粋な気持ちはいいと思うんです。
そこで、少し想像を働かせましょう(^O^)
受け取る側のことを考えましょう!
自分が持ってきた支援物資がどう運ばれるか考えましょう!
収集会場や、トラック、そしてまた荷造りしなおされ、倉庫やトラック行ったり来たり、箱をつめかえたり、袋に入れられたする
…と考えると、使いかけや開封されたものは、衛生的ではありませんよね。自分が使う身になってみてください。
いつ使われるかわかりません。いくらテープでとめたり、袋で縛っても、そういうのは荷造りの邪魔にもなります。
被災地の悲惨な状況を見たら、中古の毛布やタオルも、何かの足しになれば…と思うのは無理もありません。
でも、毛布、どこにどう運ばれるか、これまたいつ使われるかわかりません。
「新品」という条件が入った会場には中古品を持っていくのはやめましょう。そういう会場のルートでは相手が決まっている場合が多いです。その相手に中古品を渡すのは逆に、失礼というか、そもそも渡せません。
そして一番困るのは「洋服」
回収してないっていうのに、持ってこられた高い山。新品もないわけではないけれど、中古がほとんど。
「ここは衣替え会場じゃないぞ」と切れている○○さん。ずっと関わっている○○さんの気持ちは、今日参加したばかりの私にもよくわかる。なんで持ってくるんでしょう。テレビであんなに言っているのに。
確かに着られないわけではないけれど、想像してみましょう。
誰が子供用、大人用と分けて、そのサイズが必要なところに運ぶのでしょう。病院でさえ食糧が届かないと言って悲鳴を上げている混乱状態ですよ。
運ぶ時はいっしょくたです。また向こうで保管して、分けてと一連の作業をするのに、受け入れ態勢が整っていないものを送れないでしょう。予想外の物を送れば送るほど、相手の負担になるし、万が一処分になったら、その費用と労力が迷惑。
特別のルートを持っていて、衣服が欲しいと要請のあったところに届けるのはいいと思います!
でも、相手から要請のない品物を送るわけにはいかないし、この善意、他に回しましょうよ。


ルート(相手先)によって、集めているものも違うと思います。
県、市町村、自分が持っていく会場にきちんと問い合わせて「お家に眠っている新品」を持って行きましょう!
買うんだったら、それは買占め行為につながるかもしれませんから、義援金で!!!
絶対なんにでも化けるお金の方がいいと思いました。
それか、労力を寄付しましょう。真剣なら、やることはいっぱいあります(^O^)

…とだれかみてくれるかなぁ。
(アクセス解析を見ると、友達の数以上はきてくれていると思うのですが
 友人も、通りすがりの方も、見て下さってありがとうございます) 


以下は、自分の話題。
ボランティアに登録に行った際、フルで参加しようとしたら、
「初めの内は様子見て…くれぐれも無理しないでください」
「こういう時は、皆はりきって無理をしてしまいます。そうするとけがや病気が増え、事故も起こります」
と言われ、とりあえず、今日は午後4時間参加したのですが…

最初の1、2時間で体力に限界をは感じはじめ…(<おいっ)
途中、目が回る~目が回る~
水分補給の休憩を取りましたが、その時が一番つらかったです。
その後、何か、こうプツンときて、逆にエンジンがかかりました。
その、勢いで、本当はやる予定のなかった24日まで申し込んでしまいました。
25日はもともと参加する予定だったので、続けて参加。体力もつかなぁ(^_^;)

帰ってきてから、お風呂に入って、一服してたら…
うぎゃ~~~~~~
膝下がつった。なんでこんなとこつるの?!どうやって対処したらいいの?
足の指やふくらはぎは経験あるのですが、膝のすぐ下がつるなんて初めてでした。
やはり運動不足が原因かなあ?

でも、去年の今頃、私は、起き上がることもできなくて、凹んでいました。
そう思うと、こんなに動けてありがたいです。
会場いっぱいの支援物資。どうか、心とともに被災者の方に届きますように。
スポンサーサイト

何かしたいという気持ちは皆あるはず。
でも、テレビ! もっとちゃんと言いなさい。
個人ボランティアはやり方によっては大迷惑になること。
水を差すようで悪いかもしれないけれど、でもはっきり言わなくては駄目でしょう。
 個人では行かない。勝手に現地に入らない。
 宿泊、食糧、燃料、用意できない人は現地に行かない。
(これらがないところに手ぶらで行くなんて迷惑、救援物資を消費する気?!)
 気軽な気持ちで、ボランティア受付に電話しない!
(本気でやる気のある人だけ問い合わせなくちゃ対応に追われるでしょう。
 番号だけ無責任にテレビで広報しないで 最低限の注意事項も流そうよ)


しかもびっくりしたのは、県単位で救援物資を受けつけているのは、長野県を含む6県しかないということ。
準備を始めているところも含めてわずか数県。
たぶん、市単位で対応していると思いたいけれど、なぜ、九州からも駆けつけているのに、近県が動かない?
これがわかったのも民放の報道番組だけど…支援の輪が広がっているって喜んでいる場合じゃないじゃないでしょう、と思ってしまいました。たったこれしか動いてないの?
きっかけは、個人で救援物資を送りたくても運送会社が送ってくれないというFAX。
当たり前じゃない。ニュース見とんかいってツッコミたい気はあるけれど、それをのうのうとテレビで流すのではなく、ちゃんと県や市、福祉協議会に働きかけるようアドバイスして欲しい。
(このFAXの紹介の後、さっきの救援物資を受けつけている県を流した)
個人で送っても、迷惑になることが多い。賞味期限や、中古品にも注意が必要。個人はどうしても、知識がないから、知識のある人が、箱単位で荷造りして、送り先もきちんと考えて、送るべきなのに。

(あとで加筆:昨日16日から、自衛隊による輸送手段が構築されたそうです。
今、準備してない県もその後、準備に入るかもしれません。
県に持ち込めない人も、まず最寄りの市区町村に持って行って、それから県へ、その後自衛隊によって現地へという形のようです。
そのほか、消防、警察、医療チームが現地に派遣される時に一緒に持っていく方法、姉妹都市の要請を受けて直接持っていく方法などあります)


書いていて思ったけれど、これって人間関係の拡大番みたいですね。
誰も、好き好んで、人を傷つけよう対立しようなんて言う人はいない。
でも、自分の思いを、押しつけて、押しつけていることさえ気がつかないと、
自分が本当にしたいことが、できないどころか、逆の行動になってしまう。
うむむ、
私が偉そうに言えないわ。


…と私ものうのうと書いてないで、まず、自分の生活をきちんとしなくちゃ。
ガソリンを買うのを我慢したので、歩いて買い出しに行かなくちゃ(>_<)
でも、私が我慢した分は、現地の人に届くことなく、買いだめに走った人の物になるんだろうな…

くどいようですが、たくさんの人に見て欲しいから、また載せさせてください
阪神淡路の被災者、今村さんのブログ(できること、してはいけないことがわかります)
13日、14日お願いします。
http://xdl.jp/diary/index.html

被災地の皆さまに心より応援申し上げ、
また、亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。


全国区のニュースばかりが続いたこの頃ですが
ようやく、地元ニュースが流れるようになりました。
ネットは信用できないし、ほんのわずか、回線の協力になればと
これまた、少しですけどPCの方も自粛してました。
だから、尚更よくわからなかったのですが…
おかげで、心配していた栄村の情報が入ってきて少し安心。
陸の孤島と化していた村も、今は、手が届いているみたい。

豪雪地帯で、5年前も、陸の孤島と化し家屋倒壊などの被害があった地域だから心配していました。
でも、その豪雪地ただからこそ、今回人的被害が少なかったと、今日のニュースで伝えていました。
家の造りが、雪に耐えるべくかなり丈夫なんだそうです。
しかも、ここ連日の天気で、あの豪雪地帯も屋根の雪が溶けていたとか。
お年寄りの多い地域ですが、家が守ってくれたのですね。
もちろん、画面に映る家の中はすごいことになっていて、
住めるように戻すには、とても大変そうですが…

そのお天気も昨日まで。今日はしないでもすごい雪降り。
また、栄村に雪が降る。晴れて欲しい。
晴れますように。

さて、同じく地元ニュースから。

東日本震災の被災の方々を支援するべく、こちら長野でもいろいろ支援の輪が広がっていますが、
南信地域で福島県南相馬市の避難所の方の受け入れが決定とのこと。
それはもちろん喜ばしいことですが、
なんで福島県???南相馬市???
別の局では、別の角度から報道していました。
小諸市(こちらは東信地域に当たるんですけど)は南相馬市と
「選挙後の開票日本一」を争ったことがあるそうです。
その時の縁で、やり取りが続いていたとか。
地震2日後には、先方に何が足りないか聞いて、
浅間山の噴火に備えていた備蓄品を地元運送会社と協力してすぐ持って行ったそう。
そういった、いろんなご縁があるのでしょうか。
今回の地震、大きすぎて、何から手をつけていいかわからない状態。
こういう時、お手伝いできることから一つずつですよね。
ちなみにそのトラックの方はもう戻られていて、
「近しい方々を亡くした方が元気にありがとうと言ってくれて、こちらの方が複雑でした」
とインタビューに答えていました。

もちろん、長野市からも(県庁所在地だから長野市の様子が流れましたが多分他の市からも)
支援物資を乗せたトラックが出発しました。

そういう長野にも、地震直後に、兵庫県のボランティアから支援物資が運ばれました。
栄村が陸の孤島で、まだ受け入れができない状態でしたが、
その一方で、そのこと自体がとても嬉しく感じられたニュースでした。
(長野市民の私、右往左往するだけで寄付以外、栄村のために何にもできていない…(>_<))
その兵庫県の方曰く
「長野の人には、阪神淡路の時に本当に助けられたので、絶対すぐ助けたいと思った」
感謝ですね。そして、人の輪ってすごい。

ところで、私はひょんなことから、
長野市市民公益活動センターのメーリングリストに登録されてしまったのですが、
面倒なので、そのままにしておきましたら、
今回の震災で、いろんな情報が入ってきました。
NPO法人、団体同士のやり取りですので、現地東北の方の声もきます。
ただ、やり取りですので、こちらに上手く掲載できる私の情報処理能力がないのが悔やまれます。

そこで何度も言われるのが、
緊急支援をしたく気持ちもはやるが、こういう大きな震災で一番大切なのは
継続的な息の長い支援。その気持ちを強く持っていこう。
とのことです。

ふと思い出したのは、神戸の震災から何年か経ち、ニュースでも取り上げられなくなった頃
長野のローカルニュースで、「仮設住宅の方を温泉に招待」と流れました。
正直なところ、まだ仮設住宅にお住まいの方がいたんだと驚いたのとともに、
そういう方ってご高齢だろうに、わざわざ長野(しかも北信地域)にバスで来るなんて大丈夫?
と思ったのですが、みなさんカメラに向かって笑顔で手を振られ、インタビューにも感謝の言葉で応えてました。
その施設では毎年行っていると言ってたので、ああ、好評だから毎年やっているんだなと。
「まだ、仮設住宅」「いい気分転換になったもらえたら」等いろんな思いのせいで記憶に残っていたと思うのですが…
やはり、誰もが忘れそうになる頃、引き続き支援することが大切ですよね。

最後に、水を差す結果になるかもしれませんが、
今、何かしたい!という方への参考に

西宮市会議員今村さんのブログです。13日、14日のところをご覧いただければと思います。

http://xdl.jp/diary/

長々読んでいただきまして、ありがとうございました。

今朝未明の長野北部の地震
2時間余りの間に震度6以上が3回(余震はもっと)って
普段であれば、それなりに大きな地震だと思うのですが、
東北、関東を襲った大地震を前にしては。。。

それでも、ぐっすり眠っていたのに起きるほど、
浮遊感にも似た揺れは恐怖でした。
昨日の地震も含め、ぼろアパートが崩れるんじゃないかと。

起こされた直後は情報は乱れているし、
広域大地震のこともあって、長野の細かい情報はわからないし
震源近い友人と連絡取れないときは心配でした。
(幸いなことに、家族とはすぐ取れた)


この地震は内陸性地震で、
広域大地震とは、最初、関連性はないと報道していたのですが、
今は、関連性不明になっていますね。
大地震が引き金になって、起きた可能性が出てきたのでしょうか。
できれば、もう地震はどこでも起きて欲しくありません


原発も心配ですね。
先ほどのニュースによると、悪質な根拠のない偽の情報が
ネット上にばらまかれているとのこと。
こんな時に、何でそんな混乱させることを…と悲しくなります。
それに関わった多くの人は、悪気なく、
自分も不安に駆りたてられて書き込んでいると思うのですが。


SNSを始め、あちこち書かせていただきましたが、
くれぐれも、被害がもう広がりませんように。。。
早く、救助、援助の手が被災地の方々に届きますように。。。
ライフラインが復旧しますように。。。


本当は、千葉にいる親戚は、今日、
結婚式を挙げ、新たな人生をスタートする予定でした。
中止になってしまいました。

放置も、放置、1ヵ月以上放置していしまいました。
FC2ルールの放置1か月のブログにつくCM、
それもかなりつけっぱなしでお恥ずかしい限りです。

決して忙しいわけでなく、
体調が悪いわけでもなく
まぁ、不安を抱えて、
ブログをする余裕がなかったっていうのが正直なところです。

暗いこと書いていても仕方がないので、
それ以外のことを…


数年前に急性カフェイン中毒になった私ですが…

(これ、誤解されてしまったので、改めて書きますが、
カフェインがなくてイライラするタイプの中毒ではありません。
むしろ逆で、カフェイン分解酵素をどれだけ持っているかは人それぞれですが、
その人が分解できる以上のカフェインを摂取した時に、
めまい、手足のしびれ、耳鳴り、嘔吐感 等々の症状を起こすことです。
アルコールと同じですね。アル中と急性アルコール中毒ありますものね
私が口にしたのは、紅茶のシフォンケーキとティラテ1杯、どんだけ酵素少ないねん)

話し戻しますが、急性カフェイン中毒になって以来、
珈琲、紅茶はもとより、緑茶や烏龍茶も控えている私。
もともとアレルギー体質がひどかった頃から、少しずつ遠のいていましたが
カフェイン中毒は、本当に気持ち悪かったので懲りちゃいました。
ペットボトルは十六茶を愛飲していたので、それは変わりませんが、
なんとなく、家で飲むものがなくてさみしい感じがしておりました。
適当につくった十六茶オレも結構、美味しいのですが、
他にもないかな~などと思っていたところ
ハーブティのティーパックが市販されているのを発見。
今は、こんな小洒落たものが普通のスーパーで安価に購入できるのですね。
がぶ飲みするものではありませんが、嗜好品としては嬉しいですvv

そう言えば、普通のイタリアンレストランや、喫茶店でも
ハーブティー置いてくれるところが増えましたよねvv
有り難や~


さて、NHK大河、お江ですが…
個人的には「惜しい作品」
脚本家が、脚本家なので、ある程度の史実無視、暴走・妄想傾向は
覚悟していましたが、覚悟以上でした(^_^;)
天彰院あおいちゃんの時は、物語的に面白いんなら、エンターテイメントだし
脚色あっていいんじゃないと、後半はそれなりに楽しんで見てました。
今回は、なんだかな~ 後半は楽しくなるんでしょうか。
素敵な役者さんが出ているだけに…惜しいな、と。
例えば、昨日の回では、戦国時代を何じゃと思っているんだ?と思いました。
男とか女の問題じゃないし、城を取られる、領土を取られるって
そんな、心情の問題ではなく生活、死活問題ではなかろうか
…などと素人でもひかかってしまうことが多くて、
ドラマに入り込めないことが多々あるんですよね。
お市の方のセリフも現代人だからこそ言えるセリフや選択肢ではなかろうか
と思うことが、いつもあって、保奈美さんがきれいであればある程、
惜しいな~って思ってしまいます。

でも、秀吉の描き方はちょっとおもしろいです。
於寧(ねね)さんや利休とのやり取りも楽しい。
私の中のイメージとは全然違いますが、そういうの抜きに、
このドラマでの、ココロのオアシスです。
あと、始まる前から期待していたのは水川あさみのお初♪
今、その良さは出ていませんが、どうなるかな~
期待外れに終わっちゃうかなぁ
田渕さん頼むよ~って思います。


今日は、雪が積もってびっくり。
そしたら、東京の方がもっと降っていてますますびっくり。

もうすぐ春なのに…
私にも、春が来て欲しいぞな~



かさなん

Author:かさなん
この日記では、主に「旅・ドライブ、その他お出かけ」「ドラマ・映画の感想」「歴史(特に飛鳥時代関連)」を書く予定でした。なんだか方向が変ってしまった気がしますが…宜しくお願いします

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。