2012 / 08
≪ 2012 / 07 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2012 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やややっ、また記事が書いてないよ~とFC2からスポンサーリンク貼られてしまいました。
皆さま、暑いさなかでございますが、いかがお過ごしでしょうか。
私は毎度おなじみ果てています(爆)

急きょ下書きのまま、続きを書いてなかったものを手直してアップさせていただきます(笑)
またまたmixiネタからですが…

ふらふら~っと善光寺西側の神社に行ったら、そこがなんと!
讃良さまが使者を送ったという信濃の国、水内社由来の神社!!!ぉお!!(゜ロ゜屮)屮

と1年以上前つぶやいたのですが…。
(碧穂さ~ん(^O^)ノ アップしま~す!1年前の予告今頃実現で~す♪…私信失礼しました)


…とは申しましても、戸隠神社もそう言っていますし、他にもそういういわれがあるところ(県社)があります。
ので、真相はいかに?!という感じです。


さてその西側の神社。。。湯福神社の紹介でございます。

2011_0605_162429-F1000979.jpg

携帯写真ではよくお伝えできませんが、
人気もなく、木々が被い、住宅地に別空間の趣です。
鳥居の前に小川…正確には用水路なのですが、いい感じに緑が生え菖蒲の種類の花が咲いていました。
せせらぎの音が清涼感を加え、いい雰囲気を醸し出します。
初めて、訪れた時、時期的に良かったこともあり一種の感動を覚えました。
2011_0605_162525-F1000980.jpg

ちなみに撮影は昨年6月5日です。菖蒲の時期に会わせたい方はその頃いかがでしょう。

2011_0605_162354-F1000978.jpg 湯福神社

読めますでしょうか???

人気もなく、静かな中、お参りできます。
ご神木も立派でとても、雰囲気がいいです。

なお、境内には、善光廟なるものがあります。
果たして、こちらに本当に本田義光さんが眠っておられるのでしょうか?!
謎が多すぎるぞ、湯福神社!って感じです。

2011_0605_163227-F1000982.jpg

スポンサーサイト

かさなん

Author:かさなん
この日記では、主に「旅・ドライブ、その他お出かけ」「ドラマ・映画の感想」「歴史(特に飛鳥時代関連)」を書く予定でした。なんだか方向が変ってしまった気がしますが…宜しくお願いします

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。