2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年が明けまして、既に3週間経とうとしております。
まったくお恥ずかしい限りです。
この記事が投稿されたら消えるはずですが、FC2より
『1ヶ月以上更新してないブログに書きこまれる広告』というのを
新年早々つけられてしまいました。(なんてこったい)

今更ではございますが、あらためまして。。。

旧年中ご覧下さった皆様、
それ以上のご縁のあった皆様
どうも有難うございました
新年早々、呆れた奴ではございますが
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます

また、この画面を見てくださっていらっしゃる皆様の
健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます



PB250456一夜山

さて、こちらは今年の年賀状につけた画像です。
年賀状にしてはちょっと暗い色相ですが、お気に入りだったので(^‐^)
元写真は、もっと空を大きく撮ってます♪ 青一色v すごく爽やかな日でしたvv
左から中央にかけて、うっすら見えるのが北アルプス
右側の黒い山々は戸隠連峰(…っていう言い方でいいのかな?)
残念ながら戸隠山は写ってません。
そんでもって、中央にあるのが、天武天皇の遷都を阻むために鬼が一晩で造ったと言う
一夜山。
何で、こんな山の中に遷都?!
遷都と言うより副都らしいですが、奈良からずいぶん遠いやん??
でも、この近くの鬼女紅葉伝説にちなんだ史跡、じつは飛鳥時代まで遡るらしい。
信濃国に生まれて○年、一夜山のことは全く知らず、飛鳥時代にはまってもまだ知らず
日本書紀にある信濃遷都案は、しばらくの間
松本平の方(浅間温泉のことが書いてあったので)だとばかり思ってました。
しかし、何でこんな山の中…
↑この言い方、語弊があるかもしれません。この地域にお住まいの方もいるのに。
(不快に感じられた方いらっしゃいましたら、申し訳ありません)
ただ、奈良の山と、長野の山では、違いすぎるのです。歩くと痛感します(苦笑)
盆地という点では似ているのですけどね。水もあるし。
考えられるとすれば。。。
とこの話は、延々とまだまだつきません。
今年もやっぱり、歴史(飛鳥時代)と山が好きv 。。。そして歴史妄想とおしゃべりもvv
と言うことで、今年も、どうぞ与太話に、お付き合いをよろしくお願い申し上げます。

▼続きを読む▼

【やっと見つけました】
結構簡単だったよ
【お山の写真素敵ですv】
今頃ですが、あけましておめでとうございます。
信濃遷都の話は、ずいぶん遠い所に・・・とは思いますよね。
そういえば、以前長野に仕事で行ったときに
旅館で売っていた小冊子に、信濃遷都のことが書いてあった気がします。
購入はしませんでしたが。

「山遊び」と「登山」
前者は私もすぐにできます。後者はさすがに準備が必要。
山遊び、お天気のいい日にすると、ストレス解消になりますね。
【】
コメント有難うございますv
拍手有難うございますvv

☆私でも出来ましたさん
初めまして♪ コメント有難うございます。
>結構簡単だったよ
最初、正直なところ何のことかわからなくて(^_^;)
登山のことですよね?!
…まさか山の中に遷都することじゃないですよね(^o^)
登山は、体力的なこともさながら健康上の理由でできないのです(T_T)
そうとわかった時のショック。
私の夢は、いつか天空都市マチュピチュ観光だったので…。
山の写真集や、人の登山レポを見て憧れています。


☆アビちゃ~ん
お越しくださって有難うございますvv
信濃遷都…本当にねぇ、奈良から遠いですよね。
平安時代の資料だったかと思いますが、
東山道を通って、信濃から京まで
税を納めるのに21日かかったとあったように思います。
検地にきた人も、やれやれご苦労な。。。って感じですよね。
…でも、地元民としてはロマン♪
飛鳥にはまったときは長野で、飛鳥の香りがするものったら
せいぜいが善光寺だけだと思っていたので。

アビちゃんとこの、山を含めた旅日記や、写真も楽しく拝見してます♪
私も、もっとアップできたらいいのですが(苦笑)。
この記事へコメントする















かさなん

Author:かさなん
この日記では、主に「旅・ドライブ、その他お出かけ」「ドラマ・映画の感想」「歴史(特に飛鳥時代関連)」を書く予定でした。なんだか方向が変ってしまった気がしますが…宜しくお願いします

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。