2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月ですね。

春です。

でも、今年は、地震のせいか、花だよりが耳に入ってきません。
もちろん、桜は、まだまだの長野ですが。
いつもは、福寿草に始まって、梅やロトウ桜のニュースが入ってくるのですが。


私の状態も、冬ではないけど、春はまだきません。涙!
なので、ブログ開設「6年目」にして、初のテンプレート替えしました(*^_^*)
春よ、はよ来い!!

↑というのは、嘘ではないけど冗談です(4月馬鹿)

やっぱりね。。。
春です。
命の萌えいずる時です。
例えば、力強く芽吹く緑、例えばほほ笑むように咲く花
そういったもので、被災地の方々の心が、少しでもいやされ、次の力が湧いてくるように願って、自分も桜のテンプレートにしてみました。

暖かくなれば、カビや腐食、衛生面の問題も出てくると思いますけど。。。


地震直後の映像を見ても、現実のことと思えませんでしたが、
最近の映像を見ても、やっぱり、なんか不思議な感じがぬぐえません。
これって、現代ですよね? 戦後じゃなくて。
これって日本ですよね? 長野と陸続きの。
本当に恐ろしい。


さて、ちょこと、ローカルなニュースを2話

福島県いわき市にある製造会社。
地震と、原発事故で、工場は操業不能となってしまいました。
そこで長いお付き合いのある長野の大町市にある工場が施設の一部を提供、共有することを提案。
工場の一角を間借りして操業再開しているそうです。
社長さんも含めて10人がこちらに来て、住居は皆で一戸建てを借りて共同生活。
従業員全員を呼ぶ希望があり、受け入れ側もそれを応援していますが、やはり個々の事情で福島を離れられない方もいるそうです。
電化製品や、当座の食料は、聞きつけた近所の方が持ち寄ってくれたとのこと。
仕事は本来の40パーセント。
でも、取引を0にしてしまうと再開のめどが立たなくなって、つぶれてしまうところだったそうです。
最初のニュースでは、従業員の方が、仕事をできるだけありがたいと涙んぐんでいたのが印象的でした。
私も元気をもらい、人とのつながりってすごいな~ 事業は競争だけじゃないんだな~と温かいニュースとして心に留めていました。
最近のニュースでは、間借りしている社長さんが、施設を貸してくれた社長に感謝しつつも、事業を維持するために厳しい顔をしていたのが印象的でした。

命が助かったことの幸運、支援してくれる人への感謝、最初の一歩を踏み出した時の勇気
それは素晴らしいことですが、
だんだん、現実との闘いが長期化するにつれ、心理的に様々な思いに襲われるでしょうね。

ACが「一つになろう日本」と言っていますが、
絵空事にならないよう、支える側も覚悟して、半端なく乗り切りたいですね。
(余談ですが、このフレーズ、ひかかってしまうのは私だけでしょうか?
 被災者の方の耳にこのフレーズが入って、元気になる、不快にならない、ならかまいませんが)


もう一つは野沢温泉などの温泉街。

長野北部地震で、野沢スキー場も被害が出ましたが、シーズンゆえ、全力で復旧しました。
…が、観光客はこない。
やはり東日本震災の影響も大きく、さらに原発事故の影響がこちらにも。
スノーモンキーで有名な北部の温泉は、実は内陸部にありながら海外からの観光客が多いそう。
それが、ものの見事に、原発問題発生以降キャンセル続出。
地震後、急場しのぎの修理をし、営業を再開したものの、閑散としているスキー場と温泉街の映像が流れました。
本当にシーズンとは思えませんでした。
でも、土地の人がインタビューで口にしたのは、
「折を見て、被災者の方を招いて、自分たちのできる支援をしていきたい」
「いつでも温かい温泉に入って、いやされて欲しい」

きっと長野の温泉街だけではないと思う。
閑散とした温泉街に唇を噛みながら、それならば、被災者の方の力になろうと考えているのは。
以前にも書きましたが、阪神淡路大震災の時、ニュースで流れなくなったころ、はるばる長野に来られた仮設住宅の皆さんの笑顔を思い出しました。


まとまりのない文にお付き合い頂いてありがとうございました。

何年か経って、日記を読みながらこの時期を振り返った時、やっぱり日本に生まれてよかった、日本てすごいと誇りに思えるようなこれからだったらいいなと思います。


蛇足ながら↑ここで、まとめて終わりにしようと思ったら、思いだしたので書きます。

家庭教師をして社会を教えている時など、「日本に生まれてよかった」と、結構、子供たちから聞きます。
私も、「そうそう、それだけですごいラッキー、得しているんだよ」と念を押します。
でも、それは、今の日本が、平和だから。食べ物に困ってないから。という理由です。
卒業しちゃった子供たち。
これからは、復興する日本の力を、
非常時に見られた日本人特有ものの考え方、言動を、誇りに思って「日本に生まれてよかった」と言って欲しい(そうできる、これからであって欲しい)、
そして、その復興の力にもなって欲しいと願っています。

この記事へコメントする















かさなん

Author:かさなん
この日記では、主に「旅・ドライブ、その他お出かけ」「ドラマ・映画の感想」「歴史(特に飛鳥時代関連)」を書く予定でした。なんだか方向が変ってしまった気がしますが…宜しくお願いします

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。