2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また、1カ月以上たってしまいました。
スポンサーリンク貼られて慌てて(<その割に遅かったけど)やってきた次第です。

ご無沙汰しております。
皆様お元気でいらっしゃいましたでしょうか?!

更新しなくちゃ…と思っていたんですが、
今日はとても落ち込んでいたのです。久しぶりの自己嫌悪。
でも、お花はいいですね~vv
自分のブログ画面見てほんわかしちゃいました。
季節外れだけど、もう少しこのままでいよう!って思います。
けっして、ものぐさだけが理由じゃなくてよ(笑)
実際、信州はまだヤマザクラが咲いているし<もう終わるけど(爆)

ところで、更新しなくちゃと画面を見たら、
前回、件名「春よ来い」が目に入りました。
それ見たら、やっぱり頭の中を流れます。
松任谷由美の歌。
いろんな人がカバーしてますが、私、この歌だけはユーミンの声がいいです。
そして思い出しました。
なんでも古代史に結び付けて妄想していた頃、
「これはあの人のテーマソング…」
と歌謡曲を聞いても、古代史に結び付け、妙なことを考えていました。

例えば、ご異論は多々あると思いますが、
と言うよりも、同意見は誰もいないと思いますが
Secret of my heartを聞いたとき、炊屋姫だな~と思ってしまったのですよ。
ええ、こんなの、私一人です。
あれはコナンの曲じゃないのです。女帝の曲なのです。(石投げないで~)

それで、「春よ、来い」も、ある女帝が浮かんでしかたないのですよ。
本当はもっと幸せな、同じ大御所の歌でも中島みゆきの「糸」なんかを当てたいんですが…
やっぱり、この歌を聞くたびに思い出しちゃう。
誰を思い浮かべたかわかります?
もう、馬鹿ですよね、ホント。


そう言えば、妄想シリーズで、
「女帝を花に例えると」
っていう記事を書いたことがありましたね。
紫陽花をある女帝に当てたのですが、これまた、誰だかわかります?!
って今古い記事読み直したら、もう答え、書いてあるじゃん(^_^;)
そう、宝姫です。
と言うことで、次にテンプレートをを変える時は、一気に桜から紫陽花に変えてみようかなっと。

ところで、その古い記事を読んていたら衝撃的な言葉が…
正確には、頂いたコメントに対してのレスなんですが

「。。。私の中で讃良ちゃんのイメージは、長いこと花で見つけられず、ある植物でした。
それじゃあ、あんまりと思っても、この妄想シリーズ(?)をはじめて約8年
そのイメージから離れられなかったのです。
でも、妄想って、いずれは熟成するもの。
ついこの↑の記事を書いた後、ある花に落ち着きました。
もし、その花を見つける前だったら、私も野茨になったかもしれません♪」

私は、一体何の花を持統天皇の花にイメージしたのでしょう?
どうやら樹に咲く花だそうですが…「だそうですが」って書いてしまうくらい自分の記憶に残っていません。
なんてこったい。樹に咲く花???
春を一番に告げる梅? そんな単純じゃないような気がする。

あっ!
思い出しました。
でも、今、その花を検索して確認しましたが…
今の私には違うような気がする。
と言うわけで、私にとっての讃良ちゃんの花はなかなか決まらないです。
いっそ、高山植物から探そうか…
下々の人間の手に届かない高みにありながら、身を置いている環境たるや平地の比ではない過酷さ。
見た目は美しいし…難を言えば、きれいと言うよりかわいいところか難かも(爆)

やっぱり、古代史妄想は楽しいですね~
今日の落ち込みはどこかに行っちゃいました♪
もしよかったら、皆様もお付き合いください。
でも、今日は、季節外れの風邪に悩まされているので、これで寝ます。
実は、今になって、風邪もインフルエンザもはやっているそうです。
皆さんも気をつけてくださいね(^O^)ノ

【その後】
懐かしい話題ですね!

その後、一癖ある花でのイメージ。
野生花だと“トリカブト”でしょうか。
見た目すっきりと美しく、その実毒を隠し持つトリカブト。
その具合が何となく讃良ちゃんに合うような感じがいたします。
鑑賞花は、まだイメージが湧きませんね。

“Secret of my heart”
額田部ちゃんのイメージソングですか~
う~ん、私はやっぱりコナンとしかイメージできないです。
すみません。
曲を古代史人物に当てるというのは考えていませんでした。
【アビちゃんvv】
お忙しい中、コメントありがとうございます。
しっかりお返事したくて、すぐレスコメできなくて大変失礼しました。

トリカブトですか~(^O^) なるほど~。
でも、アビちゃんが、讃良ちゃんをトリカブトに例えるとはちょっと意外な気もしました。
私は、やっぱり樹のイメージがぬぐえないんです。
ちょっとやそっとの風雨なんかでびくともしない…
一見、一本で立っているように見えるけど、その木陰、葉陰にいろんな生き物の命と生活を抱えている…。
でも他の女帝は皆イメージの花があるので、讃良ちゃんも花でイメージしたいのですが。
今は、私もトリカブトに一票v

>Secret of my heart
イメージソングと言いましょうか、
妄想のダイジェスト版を脳内再生するときに流す曲ですね(>はい、馬鹿です~ ^-^;)
それこそ、ドラマのエンディングみたいに。
炊屋姫時代…つまりはヌナクラ君(敏達天皇)に出逢って、広姫が死んで、皇后に立って…でもヌナクラ君との道はずっとより沿ってはいても、重なることはない平行線…平行ってことは決して交わらないけど離れることもなくて…それはもうお互い十分理解していて…だからこそ世界でたった二人なわけで、子どもはもういっぱい生まれちゃう(爆)…勢力背景だけじゃなくて、仏教とか旧文化新文化とかの軋轢もお互いを隔てるばかり…でも先立たれる…そのあたりを細切れに妄想するときに流れるミュージックなのです。
たぶん、妄想まっ最中時代、よく聞いたからだと思います。妄想している時代にこの曲に出会っていなかったら、結びつけなかったかもしれません。
コナンのエンディングと言うのも、コナン君の状況が状況だから、かえって影響あったかもしれません。
あっ。
↑で書いてないですが、春よ、来いは阿閉ちゃんです。
こちらは、曲を聞くと条件反射で阿閉ちゃんを思い浮かべてしまって、私の中では強烈です。
テーマソングは、実は女帝ではこの二人しかありません。
あと、なんとなく聖徳太子…(笑)
飛鳥時代をダイジェスト脳内再生するときには、中島みゆきの「旅人のうた」です。
これ語ると長いので、いい加減にやめます(*^_^*)

お付き合い下さって、本当ありがとうございます!!!
この記事へコメントする















かさなん

Author:かさなん
この日記では、主に「旅・ドライブ、その他お出かけ」「ドラマ・映画の感想」「歴史(特に飛鳥時代関連)」を書く予定でした。なんだか方向が変ってしまった気がしますが…宜しくお願いします

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。